ワールドカップ法

4月 14, 2012 at 11:11 コメントをどうぞ

ブラジルは2014年のサッカーワールドカップを開催することになった。
それは、ブラジル人にとってとても光栄であるが、「ワールドカップ」という名称の使用、または、主催者FIFAのスポンサーの保護に係る法律は現在に国会で議論中である。立法されたら、筆者はオリンピック法を含めて、詳しく書くつもりだが、今の議論の重点は簡単に述べようとする。

商業制限領域:
FIFA若しくはFIFAから許可を得た者しか会場、会場の周辺及び会場への道に商品の広告並びに商品の申出(i.e.商標の使用)できない。
領域の範囲の議論はかなり熱い。

ワールドカップ商標侵害:
無許可で、公式な商標及びマスコット等の使用は侵害とみなされ、刑事上の救済として1年間の禁錮になる。ポイントは、警察庁が自発的に訴訟を始めることができ、費用として良いと思う。

アンビッシュ・マーケティング
無許可で、ワールドカップの関係と作った上で商標の使用(i.e.商品の広告並びに商品の申出)は侵害とみなされ、民事上でも刑事上でもの救済がある。

そのテーマにういて、後で筆者未だ述べる。

広告

Entry filed under: ブラジル, 商標. Tags: , , .

ブラジル特許庁がソフトウェア特許について広聴 ブラジルのグリーンパテント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


最近の投稿

現在504人フォロワーがいます。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。